降圧剤よりトマト酢

血圧が高い場合には降圧剤を使うのが手っ取り早いですが、薬を使いたくないのであれば、トマト酢を飲むと良いです。
高血圧自体が病気というよりも、それによって起こる合併症が怖いです。主な合併症として、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、などがあります。脳梗塞の場合には後遺症で不随になってしまうこともあります。
降圧剤は、カルシウム拮抗剤、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬、利尿薬、β遮断薬、α遮断薬、など色々ありますが、どの薬も裏を返せば毒の一面を持っています。
体に薬になるということは、使い方や使う量によっては毒にもなりうるという事です。特に最近恐れられている副作用として、「降圧剤の投与を続けていると交感神経が緊張して脳が血行不良になり、ボケるのが早くなる」ということが言われています。
トマト酢は即効性はありませんが、そういった副作用の心配がないのがメリットです。
トマト酢には血管拡張作用があるため、血管の抵抗が減って心臓への負担が少なくなります。また、ストレスを緩和させる作用もあるという研究報告もあります。
トマトと酢に分けて血圧への作用を考えてみます。
トマトが血圧に良い理由は、「カリウム」と「リコピン」が含まれているからです。
カリウムは水分とナトリウムを体外に排出させる作用があります。降圧剤の利尿薬のような働きです。リコピンには抗酸化作用があり、高血圧の原因である動脈硬化を防ぐ作用があります。
酢が高血圧に良い理由は、「酢酸」が含まれているからです。酢酸は体内に入ると「アデノシン」という物質に変化します。アデノシンには血管拡張作用があるため、血圧を下げる効果が期待出来ます。
つまり、「カリウム」「リコピン」「アデノシン」の3つの働きが一気に得られるという理由で、トマト酢が高血圧改善に有効なのです。



ページトップへ