降圧剤の発現時間

高血圧の治療薬に使われる降圧剤は、加齢などの原因により高血圧を発症した場合、血圧を正常値に下げる役割があります。
血圧は、血流を流すための圧力で、適度な圧力が必要となります。
降圧剤と一口に言っても、その種類は色々とあり、利尿薬、カルシウム拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)、β遮断薬、α遮断薬など様々間種類があり、またそれらが細分化されて複数の降圧剤があります。
主に代謝が衰える中高年期に、生活習慣などの悪影響の蓄積から血圧が高くなり、下がらない人で高血圧による健康へのリスクが高いと考えられる患者に、医師の判断で薬物療法として高圧剤が使用されます。
一般的に、β遮断薬、α遮断薬の以外の薬剤が使用されます。
血圧上昇のメカニズムは、動脈血管内内側(血管壁)の細胞が収縮し血管が細くなることで、血流が早まり血圧が高くなる状態となります。
ホースから水を放水し多状態でホースの先をつまむと水圧が上がる状態と同様です。
高血圧症は、主に遺伝的要素と環境が原因であることがあります。
効果の効き始めは個人差があります。
薬によって、作用の持続時間が違います。
薬物療法の際に医師が薬を出す際に、血圧変動や作用時間などを考えて、血圧が一日中平均してコントロールしながら薬を組み合わせや服用時間を決めます。
遺伝的要素の場合は、避けることのできない場合もありますが、生活習慣が原因であるケースでは、肥満や過度の飲酒、塩分のとり過ぎなどが作用していることが多いため、生活習慣の改善が必要となり、それでも血圧のコントロールができなくなった場合は、降圧剤を使用し血圧を下げることが必要です。



ページトップへ