虚血性心臓病や狭心症治療薬として使われる降圧剤

胸に重苦しい痛みを感じる狭心症は、虚血性心疾患(虚血性心臓病)の1つです。

心臓に栄養を送っている動脈を冠動脈と言いますが、この冠動脈が狭窄、閉塞するために、充分な血液を体内に送る事ができなくなり、虚血状態に陥り酸素不足となります。

冠動脈が狭窄、閉塞する主な原因には動脈硬化や、冠動脈の攣縮、動脈炎、などがありますが、動脈硬化が原因となっている事が圧倒的に多いです。
そのため狭心症は、動脈硬化性心臓病であるとも言えます。

狭心症治療薬として現在使われている薬には、硝酸薬、カルシウム拮抗薬、β遮断薬があります。
これらは、血管を広げて血圧を下げることにより酸素の需要量を減らして症状を軽減します。
カルシウム拮抗薬やβ遮断薬は、虚血性心臓病や狭心症治療薬としてだけではなく高血圧の人にも降圧剤としてよく使われている薬です。

その他に、カプトリルやレニベースなどのACE阻害薬やロサルタンカリウムやバルサルタンなどのARBなどの降圧剤を使って血圧をコントロールすることもあります。
また、コレステロールを下げて動脈硬化が進まないようにするために、アトルバスタチンやブラバスタチンなどのコレステロールを下げる薬などもよく使われます。

降圧剤は血圧が下がるまでに少し時間がかかります。すぐには効果が出ないことや書店に並ぶ薬は飲まないほうが良い、と書かれた本などを見て、服薬を自己判断で止めてしまう人もいますが、それはとても危険なことですので、それは絶対にやめてください。

狭心症治療薬は、医師の指示を守って正しく飲んでください。また疑問点があれば、遠慮なく医師に話してください。
直接言いにくければ、メモに書くなどで伝えたり看護師さんから伝えてもらうのも一方法です。
お薬は納得して飲んだほうが効果も上がります。



ページトップへ